fbpx

ノマドワーカーの持ち物&ガジェット公開!場所に囚われない仕事環境を実現する方法

ノマドワーカーの持ち物&便利ツール!海外でも仕事場所を問わない環境を実現しよう

以前まではノマドワーカーモバイルボヘミアンというと、限られた人だけのワークスタイルでした。

最近では、企業でもリモートワークやサテライトオフィスなどの取組が広がり始めていますね。

ひとつの場所に囚われない働き方は今後どんどん当たり前になっていくんだろうなと感じています。

そこで今回は僕がノマドワーカーとして普段使っている持ち物やガジェットを厳選して紹介していきます。

ノマドワーカーの持ち物&ガジェット【厳選】

薄型ノートPC

薄型ノートPC

移動が多いノマドワーカーにとって「薄さ・軽量・バッテリー」の3拍子が揃ったPCはマストアイテム。

僕は「MacBook Air (13-inch, Early 2015)」をずっと使っています。

重量は1.35kgと圧倒的に軽いわけではないものの、たたんだときの厚さが0.3~1.7cmと非常にスリムなことに加えて、バッテリーが最大12時間もつのがお気に入り。

プロセッサは「2.2 GHz デュアルコアIntel Core i7」、ストレージは「SSD256GB」に増強しています。

スマホ+格安SIM

スマホ+格安SIM

Macbookを使ってるのを見て「なんだよ結局Appleかよ」と思われたかもしれませんが、スマホは「Google Pixel 3a」でAndroidをずっと愛用しています。

Google Pixel 3aはフリック入力も快適で、スマホカメラに夜景モードが備わっていたりと高機能であるにもかかわらず、SIMフリー端末が5万円以下で購入できるコスパ最強モデルです。

ネットワークは格安SIMのUQモバイルを使っているのですが、音声通話も毎月2時間分無料でついているので、ビジネスの電話もスマホ1台で完結できています。

外出先ではPCとスマホをUSBケーブルでつないでテザリングをすることがほとんど。

AndroidスマホとMacPCでUSBテザリングするには、HoRNDISというドライバをMacにインストールします。

Bluetoothノイズキャンセリングイヤホン

Bluetoothイヤホン

場所を問わず落ち着いた仕事環境をつくるには、周囲の音を消してくれるノイズキャンセリングイヤホンが欠かせません。

僕が愛用しているのはSONYの「WI-1000X」というワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットです。

長時間のフライトに乗ることが多いのですが、飛行機の上で装着した途端「ゴー」という音がスッと遠くなる感覚がたまりません。

ノイズキャンセリング機能をONにした待受状態で、電池持続時間は最大17時間。

音楽をずーっと流しっぱなしにしていても最大10時間も充電不要です。

日本からの直行便で最長クラスの路線であるマドリードやメキシコシティのフライトが約14時間なので、海外ノマドは特に重宝するアイテムかと思います。

ノマドワーカーの海外での仕事環境づくり

リモートデスクトップ(RDP)

海外で仕事をするときにすごく役立つのがリモートデスクトップ(RDP)です。

日本国内にデスクトップPCを置いていて、Macから接続する形で使っています。

例えば、僕は中国に行くたびにGoogleのサービスが使えないのが不便で仕方ないのですが、リモートデスクトップを活用すれば、いつもと同じようにGメールもGoogleアナリティクスも使うことができます。

あと「海外で役立つ」だけでなく、国内でもMacPC1台でMacOSとWindowsOSが両方使えるメリットがあります。

また、容量の大きいファイル保存や処理負荷の大きい作業を手持ちのノートPCに頼らなくて良くなったり、ノートPCが壊れたor盗まれた場合を想定したリスク分散にもなります。

Skype

Skype

言わずと知れた便利コミュニケーションツール「Skype」です。

ノマドワーカーなら当たり前すぎるだろ!というツッコミがきそうですが「海外での仕事環境づくり」という視点からおススメしたい理由は「Skype電話」の機能。

Skype電話を使えば、世界中から日本の固定電話と携帯電話に月額850円でかけ放題(300 分間まで)になります。

世界中に時間無制限でかけ放題になるプランも月額1675円なので「国際電話は高い」という概念は消えてなくなりました。

実際に僕がマダガスカルから日本に電話をかけた時も安定して通話できていたので、現地の通信環境が整っていればビジネスユースでも問題ないと思います。

変なSIM

変なSIM

HISモバイルが提供している「変なSIM」は83の国と地域で使える海外専用のSIMカードです。

変なSIMの最大の利点は、いつも使っているSIMを入れ替える必要がない点。

通常のSIMに「貼り付けて」使うタイプなので、海外用のSIMを別に購入したり、揺れる&暗い飛行機の機内でSIMを抜き差しせずに済みます。

SIMは現地で購入した方が安いことが多いので、到着してから海外SIMを調達することもよくあります。

ですが、変なSIMはアプリの操作ひとつで現地のネットワークにつなげるので、到着後にSIMを探し回るより楽なんですよね。

日本国内のSIMにいつも貼りっぱなしにしてあります。

まとめ|ノマドワーカーの持ち物&ガジェット

世界中のどこにいても仕事ができるような環境づくりに必要な持ち物やガジェットって意外と少ないです。

荷物も少ないほうがフットワークも軽くなりますし、荷物の盗難や紛失のリスクも小さくなるので。

今回紹介したノマドワーカーの持ち物&ガジェットを参考に、自分のスタイルに合ったワークスタイルを見つけてもらえたら嬉しいです。

TAKU

僕が新卒で創業100年の超安定企業に入社した時、スキルも才能もない自分の生きる道はサラリーマン一択。どこかそう諦めていました。

でも…そんな会社に縛られた鬱々とした日々で一生を終えるなんて絶対嫌だ!

そう思って副業で始めたブログで人生が変わりました。

そして今では生き方の選択肢が増え、毎日に旅するような自由を感じながら、人生を心から楽しむことができています。


では、僕がどうやってここまでたどり着いたのか...

興味がある方はよかったら僕のプロフィールをご覧ください!


プロフィールはこちらからどうぞ☞TAKUのPROFILE